入間市,武蔵藤沢駅,歯科,歯医者,小児歯科,ホワイトニング

HOME

小児歯科

小児歯科

やさしさって何でしょう。 お母様方の悩みの一つに、泣いて歯を磨かせてくれない、お菓子をあげないと泣き止まない、ということがあります。
お子さまの欲するままに親御さんが接していたらどうなるのでしょうか。
同じように、治療でもお子様の欲求に従っていたら虫歯はどんどん大きくなります。
泣いても磨く、泣いてもお菓子を適量しか与えない、というのが親御さんのやさしさなら、泣いても暴れても治療をすることが小児歯科医のやさしさではと考えています。
もちろん、やさしく丁寧に保護者の方と協力しながら治療することが第一と考えています。
保護者の方にはお子さまの頑張っている姿を診療室の中で間近に見て頂きます。

子供の歯に進行止めを塗っただけで、
治療をしないで放っていませんか?
進行止めは、虫歯の進行を止めるというよりも、進行を遅らせるものと考えていただいた方が良いと思います。
特に、物を咬みこむ場所にはさほど効果が無く、虫歯は大きくなっていきます。
虫歯をこの状態で放っておくことは歯並びや咬み合わせ、顎の成長や発音などに悪影響を及ぼします。
当院では、小児歯科専門医が親切丁寧に診療にあたります。

レストレーナー

泣く子は治療してもらえないからといって、
虫歯をそのままにしていませんか?
レストレーナーは、大学病院の小児歯科などでは、一般的に使われている子供の動きを抑制するための器具です。

「子供が暴れるから治療できない」としていては、子供の虫歯はアレヨアレヨという間に大きくなってしまい、治療はますます困難な症例へと発展してしまいます。 はじめの1、2回は子供に恐怖を与えないように、丁寧に説明するにしても、次からは治療にうつらないと虫歯は治せません。数ヶ月も同じ歯科医院に通っていたのに、治療できずに虫歯が痛み出してから、あわてて他の歯科医院をさがして、困っている母親の電話を受けることがあります。

レストレーナーを使って、泣きながら治療を受けたとしても、トラウマになったりすることはほとんどありません。逆に治療を受けられた達成感を感じているように見受けられることもあります。できるだけ早期に治療をしてあげることは、やさしさだと思います。

ラバーダム

子供の歯に詰め物をしたばかりなのにすぐとれた、なんて、母親同士で嘆いたことはありませんか? 子供のお口の中は唾液がいっぱいですから、ふつうに詰めたらすぐにとれてしまいます。ラバーダムというゴムのマスクをしていると、唾液が歯に触れることがないので、つめ物がとれにくく、また、根の治療をしていてもだ液中の細菌が根の中に混入してこないので感染して腫れることを減少することが出来ます。

また、切削している機械の水がのどにながれてこないので、子供も楽に治療が受けられます。苦しそうに見えますが、苦しまないための良い工夫です。

咬合(咬み合わせ)誘導

不正な咬合を引き起こしていると思われる原因を取り除き、出来るだけ正常な形に。お子さまの成長という因子を使って導く方法です。当院では、特別な装置を使わず、このことを目指しています。

定期検診

お子さまの虫歯の特徴は
・アリの巣のように入り口は狭く、中が大きくなっている
・虫歯の進行が早い
・虫歯の大きさの割に、痛みを訴えることが少ない
等です。そのため、歯と歯の間にできた虫歯などは、気が付かないうちに大きくなってしまうことがよくあります。定期的な虫歯のチェックは必要なことと考えています。
また、成長期にあるため、咬み合わせなどがダイナミックに変わっていくので、不正咬合を治す咬合誘導を行ういいタイミングをみるのに、定期的な検査は有効です。

子供の歯Q&A(乳歯編)はこちら

スマートフォン専用サイト:お持ちのスマートフォンにて、本ウェブサイトのトップページにアクセスしてください。スマートフォン専用サイトへの切り替わり画面に自動転送いたします。(自動転送)

ページトップへ

イオン入間店すぐ

診療時間
10:00~13:00 - -
14:30~18:30 - - -
18:30~20:00 - - - -

☆ 9:00~13:00 
受付は、診療時間の30分前までとなります
休診日=木・日・祝 カレンダーはこちら

お問い合わせ、ご相談はお気軽に:04-2963-5378

〒358-0013
埼玉県入間市上藤沢424-3 アクセスはこちら